新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月08日 10時44分 UPDATE

静岡マツダ、CM撮影時の危険走行で謝罪 Twitterユーザーの指摘で発覚も、マツダ本社は当初撮影事実を否定

マツダ本社は当初「撮影事実なし」としていましたが、その後の調査で静岡マツダによる撮影だったことが分かったそうです。

[ねとらぼ]

 静岡マツダは8月7日、テレビコマーシャル制作の過程で、撮影車両が一般車両などの安全走行を妨げる走行を行っていたとして謝罪しました

 問題の撮影は、5月25日に静岡県道127号線(通称:西伊豆スカイライン)で行われたもの。8月に入ってからTwitter上で、撮影時の様子を見たという人から、「公道での撮影にも関わらず道路封鎖無し、撮影車は対向車に構わず車線をはみ出してくる」「さっきCM見て判明。大手が公道でこんな事していいの?」などと指摘され発覚しました。


画像 問題行為を指摘していたツイートの一部

 静岡マツダによると、撮影は同社が発注した広告代理店が行っていたもので、当該CMについてはすでに放映を中止。事態の詳細については調査中ですが、警察にはすでに報告済みで、法令違反の有無などについては警察当局の指示に従うとしています。



 なお、マツダ本社は当初、指摘に対し「ご指摘箇所でのマツダ本社の撮影事実はなく、ロードスターが登場するCMもございません。ご心配をおかけいたしました」と回答していたため、問題を指摘していたユーザーに「虚言ツイートするな」など批判が集まる形に。当該ユーザーはその後、安易な発言で混乱を招いたとして謝罪、Twitterアカウントも削除してしまったようです。

 しかし、その後の調査で静岡マツダによる撮影だったことが判明。マツダ広報部は8月7日、Twitterで「皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけし深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。




Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー