新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月10日 18時34分 UPDATE

東武鉄道、約50年ぶりに蒸気機関車復活へ 東武鬼怒川線の下今市から鬼怒川温泉間で運行予定

2017年度を目標に整備する。

[ねとらぼ]
東武鉄道 「C11形207号機」(JR北海道提供)

 東武鉄道は2017年度を目標に日光・鬼怒川地区において蒸気機関車(SL)の復活を目指す計画があることを発表した。

 「東武グループ中期経営計画2014〜2016」に盛り込まれたもので、「日光・鬼怒川地区等沿線観光地の活力創出」を目的としている。JR北海道所有のSL車両「C11形207号機」を借り受ける計画で、実現すれば1966年の廃止以来約50年ぶりの復活となる。予定区間は東武鬼怒川線の下今市から鬼怒川温泉間の12.4キロメートル。

 蒸気機関車「C11形207号機」は、1941年12月26日に日立製作所笠戸工場にて製造、その現役期間、一貫して北海道で使用されていた。1974年廃車後、北海道日高郡静内町(現:新ひだか町)にて静態保存されていたが、2000年からJR北海道が動態保存機として使用を開始。「SLニセコ号」を中心として「SL冬の湿原号」「SL函館大沼号」などに使用されていた。東武鉄道では1966年6月26日の佐野線での運転を最後に全廃となっている。

東武鉄道 運行予定区間

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー