ニュース
» 2015年08月14日 15時51分 UPDATE

Google、終戦70年の節目に「ストリートビューで辿る戦争遺跡」を公開

新たに11カ所を追加。

[太田智美,ねとらぼ]

 終戦から70年。Googleは第二次世界大戦の戦争遺跡をストリートビューで撮影し、そのまとめページを公開しました。これらの画像は2010年から撮影されており、今年も国内の遺跡11カ所が追加されています。


画像

 今回新しく加わった11カ所は、「旭浜トーチカ」(北海道)、「旧陸軍金沢偕行社(現・石川県庁舎石引分室)」(石川県)、「旧陸軍第九師団司令部庁舎」(石川県)、「中島飛行機 地下軍需工場(大谷石地下採掘場)」(栃木県)、「旧陸軍歩兵第六十六連隊炊事施設(現・宇都宮中央女子高等学校)」(栃木県)、「赤山地下壕跡」(千葉県)、「友ヶ島の砲台跡」(和歌山県)、「大久野島の毒ガス貯蔵庫跡」(広島県)、「戦後引揚者上陸の碑」(沖縄県)、「嘉数高台公園」(沖縄県)、「首里教会」(沖縄県)。他にも、ハワイ州オアフ島の真珠湾やサイパン島のバンザイクリフ、沖縄県のひめゆりの塔など一部の戦争遺跡が掲載されています。


ハワイ州オアフ島の真珠湾



サイパン島のバンザイクリフ



沖縄県のひめゆりの塔



 Googleはブログで「このストリートビューが、戦争遺跡の姿を記録し、次の世代に継承する一助となることを、そして平和について考える上での新たな資料となることを願っています」とコメント。今日も日本の空は、青いです。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー