新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月14日 18時09分 UPDATE

世界観がたまらない! 「世界の終わり」を体験できるアドベンチャーゲーム登場

雰囲気いいなー、これ!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ――自分以外、誰もいない美しい農村を歩きまわる。

 そんな現実には体験できないけど、聞いただけでもわくわくしてしまう状況を楽しめるゲーム「Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-」が登場しました。PlayStation Storeでダウンロード版が販売中で、価格は2160円(税込)。対応機種はプレイステーション 4です。


画像

 「世界の終焉」をテーマにしたアドベンチャーゲーム。プレイヤーは、ある日突然、住民や滞在者が全員消失した1980年代のイギリスの農村「ヨートン」を歩きまわって人々の「想い」を見つけ出し、「世界の終焉」の謎を解いていきます。

 PVには誰もいない村を飛び交う魂のようなもの、「何もかも終わり、残されたのは私だけ」という独白などが収録されています。なんだか意味深ですが、こういう雰囲気がたまらない人もいるのでは?



画像画像 いい景色だなー

画像画像 人がいなくなった村には見えない

画像画像 村の中には、魂のようなものも

 8月25日までに購入すると早期購入特典として、時間経過で夜空や異なる天気のバージョンを見ることができる同作のPS4用オリジナルテーマがもらえます。また、作曲家・Jessica Curry氏が手掛けた同作のオリジナルサウンドトラックが、PlayStation Storeで販売されています。価格は500円(税別)。


画像画像 オリジナルテーマ

マッハ・キショ松


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事