新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月19日 11時00分 UPDATE

少年サンデー、新編集長が異例の「再建」宣言 最新号に1ページの声明文、ネットでは期待の声も

新人作家の育成を「絶対的な使命」とし、その任に耐えられない編集部員は「容赦なく去ってもらう」とも。

[ねとらぼ]

 8月19日発売の「週刊少年サンデー」38号に、新編集長・市原武法氏による「読者の皆様へ」という1ページの声明文が掲載され、その内容が話題になっています。

 内容は新編集長就任のあいさつと、これからの少年サンデーの編集方針についてのお知らせ。中でも「多くの連載作品が誌面を去り、代わりに才能溢れる新人・若手作家さんが次々と誌面を賑わすことになります」という部分が注目を集めているようです。


画像 掲載された、1ページの声明文

 声明文によると、今後の週刊少年サンデーは新人作家の育成を「絶対的な使命」とし、さらに新人賞の一次選考から新人作家のデビュー読み切り、ベテラン作家の新連載に至るまで、すべての意思決定を市原編集長がただ一人で行うとのこと。また、新人作家とともに歩む編集部員にも相応の責任と覚悟が求められるとし、「その任に耐えられないと僕が判断した編集者はこれからの『チームサンデー』には必要ありません」「容赦なく少年サンデー編集部から去ってもらいます」など、かなり厳しい方針も打ち出しています。


画像 週刊少年サンデー38号

 文面をそのまま受け取るなら、新人作家による新作が今後次々とスタートしていく一方で、今ある連載作品の多くが今後終了していく、ということにもなります。この「大改革」宣言はネットでも大きな話題になっており、「どの作品が終わるんだろう」など不安視する声も多い一方で、漫画好きの間では敏腕編集として知られる市原氏がふたたび少年サンデーに戻ってきたことで、「市原さんなら」と期待する声も少なからず見られています。

 週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジンと並ぶ三大少年漫画誌として知られている少年サンデーですが、2008年には80万部だった発行部数が、2015年には40万部を割り込むなど、近年は苦しい状態が続いていました。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー