新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月19日 16時48分 UPDATE

「NHKスペシャル」STAP細胞報道がBPO審理入り 小保方さんが人権侵害申し立て

STAP細胞論文について検証した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」について、小保方さんが人権侵害、プライバシー侵害を申し立てた。

[ねとらぼ]

 BPO(放送倫理・番組向上委員会)は、NHKのSTAP細胞報道について、小保方晴子さんから人権侵害、プライバシー侵害の申し立てを受けて審理入りを決定した。

ah_bpo1.jpg

 対象となっている番組は2014年7月27日に「NHKスペシャル」で放送した特集「調査報告 STAP細胞 不正の深層」。「ネイチャー」誌に掲載のSTAP細胞論文について検証する内容だった。

 小保方さんは、番組タイトルに「不正」との表現があり、「何らの客観的証拠もないままに、申立人が理研(理化学研究所)内の若山研究室にあったES細胞を『盗み』、それを混入させた細胞を用いて実験を行っていたと断定的なイメージの下で作られたもので、極めて大きな人権侵害があった」と申し立て、NHKに謝罪や検証作業の公表などを求めた。

 このほか、実験ノートの内容を無断で放送したことは著作権侵害に当たり、笹井芳樹さん(理研の発生・再生科学総合研究センターグループディレクター)との電子メールの内容を無断で公開したことはプライバシーの侵害といったことも主張している。

 NHKは申し立てに対し、当該番組は「申立人がES細胞を盗み出したなどと一切断定していない」とし、「2000ページ近くにおよぶ資料や100人を超える研究者、関係者の取材に基づき、客観的な事実を積み上げ、表現にも配慮しながら制作したものであって、申立人の人権を不当に侵害するようなものではない」と反論。

 BPOは申立てが審理要件を満たしているとして審理入りを決定した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事