ニュース
» 2015年08月19日 20時26分 UPDATE

漫画「コトコトくどかれ飯」に「女くどき飯」作者が怒りのツイート 「設定もタイトルもパクリ」と指摘 → 編集部は「まねたものではない」

「女くどき飯」と「コトコトくどかれ飯」。確かにタイトルやコンセプトは似ていますが……。

[ねとらぼ]

 講談社「ハツキス」で新しくスタートした漫画「コトコトくどかれ飯」に対し、一部で「パクりではないか」との声があがっています。

 指摘したのは、Web漫画「女くどき飯」をぐるなびで連載中の漫画家・峰なゆかさん。「コトコトくどかれ飯」の存在を知ると、Twitterで「設定もタイトルもさすがにパクりすぎ」「おかしいだろ!」などと怒りのツイートを連投します。




 峰さんの「女くどき飯」は、峰さんが毎回デートに行きたい男性を募集し、デートの様子をレポートするというエッセイ漫画。一方、「コトコトくどかれ飯」は、“主人公・琴子が淡く口説かれる様子が、実在する店で供される食べ物を交えて描かれていく”(コミックナタリーの紹介文より)というもの。内容については、かたやエッセイ、かたやフィクションとそれぞれ明確な違いがあるものの、峰さんは「作品のコンセプトとタイトル」がパクリであるとし、ハツキス編集部にもリプライを送り説明を求めました。






 今のところハツキス編集部側からコメントなどは出ていませんが。編集部に問い合わせたところ、「『コトコトくどかれ飯』に関してはフィクションであり、内容的に『女くどき飯』をまねたものではないと思っております」との回答。ただ峰さんには「誠意を持って対応したい」としており、近日中に会って詳細を説明するとのことでした。

 一方、もう1人の当事者である「コトコトくどかれ飯」の作者・田所コウさん(と思われるアカウント)は8月15日、Twitterで峰さんに対し「嫌な思いをさせてしまい本当にごめんなさい。心からお詫び申し上げます」と騒動について謝罪。また「すでに編集の方にも連載の辞退をお伝えしてあります」と、連載辞退の意思も表明しました。ただ、これについては「自分がこの企画にあっていない」と感じたためで、あくまで「本件(似ている似ていないの件)とは関係のない事です」と後に補足しています。






 編集部によると、連載継続について現時点では決まっておらず「峰さんとお話ししたうえで検討したい」とのこと。峰さんもその後「やっと講談社から連絡がきましたので、近日中に話し合いをしまーす!!!!」とツイートしており、最終的な判断が下されるのはその後ということになりそうです。

 なお実際の作品内容についてですが、タイトルやコンセプトについては「確かに似ている」など共感する声もあったものの、両作品を読み比べた人からは「問題ないと思った」「全然似てない」といった感想もあがっています。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー