ニュース
» 2015年08月21日 18時01分 UPDATE

「クラタス」に日米ロボット対決挑むMegaBots、ロボ強化資金をクラウドファンディングで募集

日米ロボット対決で戦う「Mk.II」の装甲や火力をパワーアップするため、50万ドルの支援を募集しています。

[ねとらぼ]

 日本の搭乗型ロボット「クラタス」(水道橋重工)に決闘を申し込んだ米国のロボット制作チームMegaBots(関連記事)が、日米ロボット対決に向けてクラウドファンディングで資金を募っています。

ah_robo1.jpg クラウドファンディングのページ

 資金募集はロボット対決で戦う「Mk.II」の強化のため。現在のMk.IIはペイントボールの長距離射撃で戦う軽量仕様で、至近距離でのバトルのため、装甲や火力などのパワーアップが必要。こうした基本的な強化に50万ドルが必要となります。

ah_robo2.jpg 「Mk.II」
ah_robo3.jpg 強化した「Mk.II」のコンセプト画像

 また勝利を確実にするため、各種武器のテストや、近接戦闘で倒れないためのバランス制御システム、操縦者の保護、本体の塗装の費用がかかり、総額で150万ドルかかるとのこと。

 クラウドファンディングでは50万ドルを目標額に設定。目標額を超えて資金が集まった場合は、金額によって追加の武器やバランス制御システムを開発。150万ドルに達した場合は、アーマーパネルにハリウッド級の塗装が施されます。

ah_robo4.jpg 追加の武器

 支援は5ドルから可能で、コースによってWebサイトへの名前の記載、グッズ、ロボットの搭乗体験、ピットクルーとしての参加などさまざまな特典が用意されています。資金募集は9月18日までで、現時点では28万ドル以上集まっています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー