新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月24日 14時56分 UPDATE

Twitter Japanの新オフィスが思わずつぶやきたくなるデザイン

ツイートが漂ってたりハンコで文字が書かれてたりなんだかすごい。

[太田智美,ねとらぼ]

 8月18日より新オフィスに移転したTwitter Japan。六本木1丁目から京橋駅に直結する東京スクエアガーデンオフィスへと拠点を移し、新たな環境でのスタートを切りました。そんなTwitter Japan新オフィスの取材をしてきたのでレポートします。

 エレベーターを降りると、おなじみあの鳥がお出迎え。くちばしの方へ進むとエントランスがあります。


画像 エレベーターを降りるとあの鳥が!

画像 くちばしの方へ進むとエントランスがあります

画像

画像 ふぁあああ広々!!

 新オフィスのコンセプトは「ナチュラル」。「オーガニック」と「日本のテイスト」を意識して作られました。オフィス全体に多く木が使われていることからも、そのことがよく分かります。

 受付を通ると、広々としたリビングのような待合室が。ゆったりとした空間で、ここで打ち合わせを済ませてしまうこともあるのだそうです。


画像 待合室(受付側から撮影)

画像 待合室(別角度)

画像 待合室(窓際席)

 オフィス全体は、めずらしい正方形の間取り。エントランスからぐるっと1周できる造りになっており、どんなに席が遠い人も朝は必ず受付から1周して席に着くようにしているのだそうです。社内コミュニケーションを図るため、ショートカット用のドアはできるだけ使用しないのだとか。


画像 左下の鳥がいる場所が受付

 部屋には「Hototogisu」や「Kitsutsuki」など鳥の名前が付けられていて、それぞれの部屋にこだわりが。壁紙の多くは和紙が用いられており、部屋や空間によってTwitterの鳥をモチーフにした柄や和柄デザインといったオリジナルの和紙が貼られています。中には日本の伝統工芸「組子」を壁にあしらった部屋も……!


画像

画像

画像 オリジナルの壁紙がかわいい

画像 組子の部屋

画像

 照明シェードもデザイン性のあるものが採用されていて、手で簡単に伸び縮みさせることができる折り紙状のおしゃれなシェードです。


画像 折り紙状のシェード。縮めたり伸ばしたりすることができます

画像

画像 VIPルーム

画像 Hack Week(1週間普段の仕事は何もせず、会社を良くするものを作るというイベント)で総務担当社員が作ったクッションも

画像

 そしてひときわ人目を引くのが、オフィス入口にある「#LOVE WHERE YOU WORK」というボード。実はこれ、ハンコで作られたもので、近くで見ると1つ1つ異なる名字を掘ったハンコが組み合わさり、朱肉付きのものとそうでないもので文字が書かれています。ちなみに、ここにある名字は社員とは関係ないとのことです。


画像 これ全部ハンコでできてる……!

画像

 オープンスペースの壁には、ツイートらしき文字がたくさん書いてあります。聞けば、日本で多くツイート/お気に入りされたツイートの一部を切り出して壁に貼り付けているのだとか。文字が四季を表す紅葉や雨に溶け込んでいて、なんともいえないTwitterらしい味を出しています。


画像

画像

画像

画像 壁の隅にはドラも。これは技術者コミュニティのLT(ライトニングトーク)で鳴らす用のドラではなく、営業部隊が受注した際に鳴らすためのドラだそうです

 こちらは、毎週月曜日に会社から支給されるケータリングランチをみんなで食べるカフェスペース。本当は毎日でもこういった取り組みをやりたいそうなのですが、Twitter Japanは営業職の人が多いため日中外出している人がほとんどという理由で現時点では週に1度の取り組みとなっているそうです。

 このカフェスペースでは「なるべくゴミを出さないように」とTwitter Japanオリジナルのマグカップや食器が用意され、ペットボトルもゴミを減らすため2リットルのものが冷蔵庫に入っています。それをみんなでコップに移して飲むのがTwitter流。水もペットボトルではなく浄水器の水を使用します。Twitter社はエコにとても気を使う文化で、創業当初から「華やかよりも地に足がついた文化」なのだそうです。


画像 ちなみに、Twitter本社カウンターは、古くなったボウリングレーンを再利用してたりするそうです

画像

画像

 行き詰まったときにはゲームを! Twitterにはゲーム好きが多く、ここではかなり白熱している社員を見られるそう。テレビゲームだけだと思いきや、ゲームセンターにあるような本格的な機械やTwitterオリジナルにカスタマイズされたプリクラ機もそろっています。あああああなんじゃこの空間……!


画像

画像

画像 ソフトもたくさん……(ハ*))

画像 話題のイカゲームもあるではなイカ

画像 もはやゲーセン

画像 日本といえばこれ!

画像 せっかくなので撮ってみた。筆者(左)の隣に映っているのはTwitter広報の方

 極力オープンな環境づくりに取り組んでいるため、執務室内のところどころにサクっと話せるオープンスペースが点在。このスペースも公園をイメージした造りになっていたり、場所によってテーマが違ったりと工夫されています。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 Twiiterでは「できるだけみんなで情報を共有する」という理念のもと、ガラスをスモークガラスにすることでさえ抵抗があるそうです。一方で、クローズドな話ができるよう電話専用の個室スペース(Tweet Booth)も数カ所に用意されています。


画像

画像

画像

画像 オフィス全体はこんな感じ

画像 エコを意識して、ゴミ箱は1島に1つ。ゴミ箱が遠くにあると、ゴミが自然と減るのだとか

 他には、ヨガができる土足禁止のスペースや図書館のような静かな場所で作業をしたい人のためのスペース、好きな高さに調節できるスタンディング用机などが用意されていました。


画像 ヨガなどのためのスタジオ

画像 静かな場所で作業したい人のための部屋

画像 1人でこもりたい人のための部屋

画像 体調不良のとき横になるための簡易ベッド

画像 自由に高さを調整できる机

画像 ステーショナリースペース

画像 PCのトラブルなどに対応してくれるサポートセンターも

 そして社内にはところどころに、社員の写真やメッセージが書かれていました。


画像 2015年のメモリアルツイート。随時アップデートする予定だそうです

画像

画像

画像

画像

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事