ニュース
» 2015年08月24日 18時35分 UPDATE

政治家が削除したツイートを公開する「Politwoops」、Twitterから停止される

30カ国で運営していた「Politwoops」が、TwitterからAPIアクセスを遮断されました。

[ねとらぼ]

 政治家がツイートを削除すると検知して、消されたツイートを公開するサービス「Politwoops」がすべての国で遮断されたと、運営元のOpen State Foundation(OSF)が明らかにしました

 OSFはオープンな政府のデータの活用や透明性を推進する非営利団体。外交官や議員のTwitterアカウントを自動で監視し、削除されたツイートをWebに表示する「Diplotwoops」「Politwoops」を運営していました。米国版のPolitwoopsは5月にTwitterからAPIアクセスを遮断され、停止していましたが、Politwoopsの運営は30カ国で続いていました。

 しかし8月21日にTwitterからOSFに、Diplotwoopsと残る全てのPolitwoopsへのAPIアクセスを遮断したとの連絡がありました。Twitterは「ツイートが変更不可能で取り消せなかったら、どんなにいら立たしいか――恐ろしくさえある――想像してみてください」「ツイートの削除は、ユーザーの意見の表明です」と述べているとのこと。

 Politwoopsは世界各地のジャーナリストが利用してきたとOSF。「選挙で選ばれた政治家が公に発言したことは公的記録です。ツイートが消されても、それは議会の歴史の一部です」「政治家が公の場で発言したことは誰でも閲覧できるべき」と同団体のディレクターArjan El Fassedさんは語っています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー