新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月25日 20時08分 UPDATE

国内最高齢のウォンバット「ヒロキ」が死亡 Twitterに追悼の声

推定年齢は29歳(人間での約100歳)でした。

[ねとらぼ]

 金沢動物園(神奈川県横浜市)は8月25日、同園で飼育していた国内最高齢のウォンバット「ヒロキ」が死亡したと発表しました。

画像 ウォンバットのヒロキ

 ヒロキは、オーストラリアの国立公園で保護、メルボルン動物園で飼育された後、1987年3月12日に金沢動物園に入園。推定年齢は29歳(人間での約100歳に相当)でした。一緒に飼育していたキヨコ(メス)が死亡した1996年1月以降は、単独で生活(飼育)しており、その愛嬌のある容姿が人気になっていました。



 近年はSNSでも注目を集めており、今回の知らせに対してはTwitter Japanをはじめ、多くのユーザーがお悔やみのコメントを寄せています。



画像 Yahoo!リアルタイム検索の結果

 同園によると、死因は肝不全。8月20日から体調不良がみられ療養していたものの、8月24日午前0時頃に死亡しました。これを受けて8月26日から9月6日までの間、ウォンバット展示場付近に献花台とメッセージノートを設置するそうです。

 ウォンバットはオーストラリア南東部に生息する生き物で、カンガルーと同じ有袋類。メスのお腹には子どもを育てるための袋があります。日本国内の飼育数は8月25日現在、全6頭(3園館)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー