新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月26日 12時46分 UPDATE

ヤマハ、「VOCALOID」の一部機能を「Unity」向けに開放へ 「ユニティちゃん」のオリジナルボイスも制作

ついに!

[太田智美,ねとらぼ]

 ヤマハが開発した歌声合成技術「VOCALOID」の一部機能が「Unity」向けに開放されます。この企画は、ヤマハとユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの合同プロジェクト。機能の一部がUnity向けに開放されることで、開発者は歌声を利用したゲームやコンテンツなどを自由に作れるようになります。


画像

 UnityからVOCALOIDの歌声合成エンジンをシームレスに利用するための統合開発環境「VOCALOID SDK for Unity」の提供は2015年12月を予定。VOCALOID SDK for Unityでは「VOCALOID」のシーケンスデータ(VSQ、VSQX)をもとに、さまざまな表情の歌声を動的に生成することが可能です。

 歌声には、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの公式キャラクター「ユニティちゃん」のオリジナルボイスを開発し採用。無償で提供(※「ユニティちゃんライセンス条項」に準拠すること)されるそうです。なお、既存の「歌声ライブラリ」も追加予定とのこと。


画像 ユニティちゃん

 VOCALOID SDK for Unityは、8月26〜28日に開催している「CEDEC 2015」の「Unity」ブースで展示されています。いち早くチェックしたい方は要チェックです。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事