新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月26日 16時34分 UPDATE

三越のライオン像がサイバーモードに変身 「ロボコップ」「ダフトパンク」Twitter民興味津々

大正から続く日本橋のアイコンが、ウェラブルゴーグルをかけてデジタリックな風貌に。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 東京・日本橋エリアの待ち合わせ場所として古くから親しまれる、日本橋三越本店の正面玄関にあるライオン像。8月25日から2体がウェアラブルゴーグルをかけ始め、Twitterでは「どうしたの?!?!」「ロボコップ」「最近のダフトパンクにとても似ている」とサイバー感あふれる姿に関心が寄せられている。

画像 ええええ、ライオンさん!? サイバー感すごい!(提供:三越伊勢丹グループ)

 ゴーグルは、三越伊勢丹グループが各百貨店で開催する「彩り祭」(8月26日〜9月8日)にちなんだもの。デジタルとファッションの融合をテーマにしたキャンペーンで、日本橋三越本店の婦人服フロアでも、マネキンが装飾されたデジタルマスクをかけている。

画像 大正から続く、ライオン像のいつもの姿(提供:三越伊勢丹グループ)

画像 ビフォーアフターがなかなか激しかった

画像 コートに身を包んだことも。こちらはダンディー

 ライオン像も「未来を夢見るデジタルマスクアートでお出迎え」というコンセプトで、9月8日までウェアラブルゴーグルを装着。過去にもシャツを着たり黄金のマスクをかぶったりと、百貨店のキャンペーンに合わせて姿を変えてきた。大正3年(1914)から座り続けている日本橋のアイコンの、風変わりな姿を今の間だけ愛でたい。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事