新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月28日 16時51分 UPDATE

「足なんて飾りです」覆される? 宇宙飛行士・油井亀美也さんの発言にガンダムファンがざわつく

偉い人「知ってた」。

[ねとらぼ]

 アニメ「機動戦士ガンダム」の有名なセリフの1つに、「あんなの飾りです! 偉い人にはそれが分からんのです!」というのがあります。整備中でまだ足の付いていないジオングを見たシャアに、「宇宙空間では足なんて飾りにすぎない」と整備兵が力説するシーンですね。


画像 MSN-02 ジオング(画像はAmazon.co.jpより)

 ところがこれを覆す発言が、現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の宇宙飛行士・油井亀美也さんから飛び出して話題になっています。




 宇宙へ旅立ってからすでに1カ月以上が経過し、身体も空間認識能力もかなり宇宙に適応してきた、という油井さん。それを踏まえて、次のように発言しています。


私の気付きとしては、(宇宙空間における手足は)極めて重要で、手足を上手く操作すると姿勢制御の為のスラスターを大幅に減らすことが出来ると思います。



 ――なるほど、宇宙空間での姿勢制御にはスラスター(推進器)を使うのが一般的ですが、手足をうまく使うことでもっと効率よく姿勢制御が行えるのだそうです。足、飾りじゃなかった……!

 ちなみに後付け設定ですが、「ガンダム」シリーズの世界でも「AMBAC(Active Mass Balance Auto Control)」と呼ばれる、手足による姿勢制御技術が存在しており、必ずしも「足なんて飾り」というわけでもないようです。



画像 油井亀美也さん(Google検索より)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事