新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月30日 21時18分 UPDATE

兄の駆け落ちの「罰」としてレイプ命じられたインドの姉妹 人権団体が支援呼びかけ

上位カーストの女性と駆け落ちした男性の姉妹に対し、長老議会がレイプを命令。人権団体の呼びかけで12万人以上がオンライン署名をしています。

[ねとらぼ]

 インドでカーストを超えて駆け落ちした男性の姉妹が、罰として村の議会からレイプを命じられたとして、人権団体が彼女たちの支援を呼びかけています。

 事の発端は、バパット地方のある村で、ダリット(身分制の最下層)の男性が上位のカーストの女性と駆け落ちしたこと。カップ・パンチャヤットと呼ばれる長老議会はその罰として、男性の姉妹(23歳と15歳)に対するレイプと、2人の顔を黒く塗って裸で練り歩かせることを命じました。姉妹と家族は村を逃げ出してデリーにおり、インド最高裁に保護を求め訴えを起こしています。家族は村に戻ったら殺されるのではないかと恐れているそうです。

 人権団体アムネスティー・インターナショナルは姉妹を助けるため、ウッタル・プラデーシュ州当局の適切な介入を求める署名をWebで募っています。15万人を目指しており、現在12万人以上の署名が集まっています。多くの人が署名しようとしたためWebサイトに問題が生じたとしています。

ah_am1.jpg 署名のページ

 インドではカーストによる差別は法律で禁止されていますが、今も差別は残っています。またカップ・パンチャヤット(選挙で選ばれていない、上位のカーストの高齢男性により構成される)はインド最高裁が「不正規裁判」としその命令を違法としているにもかかわらず、地方によっては今も続いています。昨年にはパンチャヤットが、既婚女性に対する強姦未遂の疑いをかけられた男性の妹に、女性の夫が報復レイプするよう命じたこともありました

ah_am2.jpg アムネスティー・インターナショナルUSAではメールの送信も呼びかけている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー