新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月31日 20時30分 UPDATE

インドネシアで発見された新種のザリガニの学名が「スノーデン」に スノーデン氏のNSA内部告発の業績を称える

ザリガニとスノーデンさん、直接の因果関係はないけれど……。

[高城歩,ねとらぼ]

 インドネシア・西パプアのオインソク川で発見された新種のザリガニの学名が「スノーデン(Cherax snowden)」に決定しました


画像 研究報告書より

 ミナミザリガニ科である「スノーデン(Cherax snowden)」は、その深いブルーと鮮やかなオレンジの色彩から、観賞用として「orange tip」や「green orange tip」という名称でアメリカ、ヨーロッパ、東アジアに輸出されています。

 この度の命名は、ザリガニを発見したドイツの生物学者クリスチャン・ルークハウプさんが、元NSA(National Security Agency:国家安全保障局)のエドワード・スノーデンさんの内部告発を讃えた命名とのこと。


画像 「スノーデン(Cherax snowden)」、鮮やかです

 新種のザリガニとエドワード・スノーデンさんの間に特別な関連性はない様子ですが、発見者の研究報告書はスノーデンさんを「米国の自由の戦士」と支持する内容で、「正義と自由を守る偉大な功績により栄誉が与えられた」などと記載されています。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー