新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月31日 16時51分 UPDATE

なぜ韓国ではSFが流行らないのか 孔子の教えとの関係性

「第54回日本SF大会 米魂(こめこん)」(8月29〜30日)のプログラム「韓国SF入門」より。

[太田智美,ねとらぼ]

 「韓国ではSFが流行らない」――韓国のSF&ファンタジー図書館館長Jeon Hong Sikさんは話す。韓国において、これまで「SF」に分類されている小説はわずか本棚1個に収まる程度。なぜこのようなことが起きているのか。8月29〜30日に開催された「第54回日本SF大会 米魂(こめこん)」のプログラム「韓国SF入門」で語られた内容をレポートする。


画像 韓国において「SF」に分類されている小説はこれだけ

画像 (左)韓国でSFファン活動をしており当日は通訳を主に担当した朴零さん、(右)韓国のSF&ファンタジー図書館館長Jeon Hong Sikさん

 韓国でSFが流行らないのには理由がある。それは儒教を切り開いた孔子の教えと深く関係しているという。孔子は「怪しい力」「超自然的なこと」を語らなかった。例えば、韓国では何か願いごとをするときも「大学に合格しますように」「出世しますように」といった内容がほとんど。「今」を見る人が多く、空想的な小説を「大人が見るものではない」「おかしい話」として捉えられている。


画像

 しかし、「有名な韓国SF作品は多数あるはず」と疑問を抱く人もいるだろう。例えば、2002年2月に公開された「ロスト・メモリーズ」や2003年「地球を守れ!」、2006年の「グエムル-漢江の怪物-」、2014年の「スノーピアサー」、そして「星から来たあなた」など。実はこれらの作品は韓国において「SF」として扱われてはいない。代わりに「アクション」「恋愛」「コメディ」作品というジャンルに分類されているのだとSikさんは述べる。

 韓国では「SF」に分類された途端見られなくなる。それを象徴するかように、5年ほどの年月を経て13億円かけて作られたSFアニメ映画「Wonderful days」(2003年公開)は大失敗に終わった。日本の「攻殻機動隊」などのイメージを受けて映像はキレイだったが、全く流行らなかったという。さらにそこに追い打ちをかけるかのように不法ダウンロードの問題が後を絶たず、DVD販売などによる製作費の回収が難しいといった背景もあるそうだ。

 韓国ではSFジャンルで1000冊売れれば多いほう。SF雑誌もまだ存在せず、書いても載せる本がないため書き手も少ない。しかし、日本のSF人口高齢化に比べはるかに若い層が中心となって集まっているのも事実。これから韓国ではどのように「SF」が受け入れられていくのだろうか。または「SF」というジャンルから外れた部分でどのような展開がなされるのだろうか。歴史や文化がもたらす「SF」の視点が非常に興味深い。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事