新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月01日 08時00分 UPDATE

これ本当に機械使っていないの? ボカロみたいな声で歌えるアメリカの女子大生が話題に

世界中に広がる驚き。天然の“デジ声”。

[さとり,ねとらぼ]

 特殊な機材を使わずにボーカロイドのような生声で歌うアメリカの女子大生が注目されています。8月にYouTubeへ投稿されたトリー・ケリーの「Paper Hearts」の弾き語りカバーは、1週間で100万回以上再生。「この機械みたいな声はなんだ……?」「とってもユニークで大好き!」と驚きと称賛の声がコメント欄に並んでいます。

 天然の“デジ声”の持ち主は、フロリダの大学に通う18歳のEmma Robinsonさんです。実は最初に注目を浴びたのは2013年の16歳のとき。リアーナの楽曲「stay」を歌ってYouTubeにアップしたところ、生声なのにオートチューン(※声を機械的にする音楽効果ソフト)を使っているようだと話題になりました。

 歌声が本物なのか疑う人もいたようですが、2013年のThe Associated Pressによるインタビューで、彼女は特殊機材の使用を否定。あくまで発声の技術であることを主張しました。ABC ACTION NEWSも歌声を現場で確認し、本物だったと報道。このボカロのような歌声は天然なのです……!

画像 「Paper Hearts」をピアノで弾き語りするEmmaさん

 彼女は現在ユーチューバーとして、定期的にカバー曲を投稿しています。前述の動画以外にも数十万回再生されているものも多くあります。彼女の歌声はそれほどまでに印象的なのでしょう。

さとり


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー