新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月01日 17時28分 UPDATE

「依存症には苦痛」 アルコールCMの「ゴクゴク音」自粛へ 業界団体が方針固める

確かに、飲めない立場にとってみれば苦痛かも……。

[ねとらぼ]

 ビールなどのアルコール飲料のCMについて、業界団体は8月31日、今後「ゴクゴク」などの効果音は使用せず、また喉元のアップなどの描写も控える方針を固めました。同日行われた、内閣府のワーキンググループ内で、不適切な飲酒の予防や、適正飲酒の啓発に向けた取り組みの1つとして示されたもの。


画像 資料より

 主にアルコール依存症患者への配慮を目的としたもので、「飲酒欲求をあおる」「アルコール依存症の方にとって苦痛」といった意見に答えた形。今後アルコール飲料のCMでは、「ゴクゴク」などの効果音や、喉元アップの描写などは行わない方針です。


画像 こういったシーンも今後は見られなくなる?(サッポロ-0℃のCMより

 同ワーキンググループではこのほか、CMに出演する登場人物の年齢を現在の「20歳以上」→「25歳以上」に引き上げることや、ジュース類と見間違えないような容器デザインの検討、アルコールの適正な摂取量の周知などの取り組みも併せて示されました。現状、アルコール類のCMについては業界が自主基準を設けており、今後は基準改正に向けて動いていくとのこと。

 ワーキンググループの資料などについては今後、内閣府のサイトで公開される予定です。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー