新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月05日 14時41分 UPDATE

TBS「悪徳代議士にブルーリボン」演出で謝罪 「救出運動に悪印象」との抗議受け

他意はなかったものの、配慮に欠けていたとして謝罪しました。

[ねとらぼ]

 ドラマ「SP八剱貴志(やつるぎたかし)」の演出に批判が寄せられていた件で、TBSは9月4日、公式サイトで「全く他意はありませんでしたが、配慮に欠け」ていたと謝罪しました。また、番組の企画・製作を担当したオスカープロモーションのサイトにも同様の謝罪文が掲載されています。


画像 TBS公式サイトに掲載された謝罪文


 問題になっていたのは8月31日放送のドラマ「SP八剱貴志(やつるぎたかし)」の1シーン。拉致被害者救出活動のシンボルであるブルーリボンバッジを、贈収賄事件で逮捕される“悪徳代議士”のスーツに付けていたことから、「ブルーリボンのイメージダウンにつながる」「悪意の有無に関わらず許せない行為」など抗議する声があがっていました。

 TBSは今回の件について、サイトで「拉致被害者のご家族をはじめ支援者、関係の皆様のお気持ちを傷つけたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー