ニュース
» 2015年09月07日 21時00分 UPDATE

ゾクゾク来る美しさ ホラーゲーム「SIREN」の舞台となった廃村の映像に視聴者も大興奮

斧とか飛んできそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ニコニコ動画に投稿された「ホラーゲーム”SIREN”の舞台となった廃村へ行く」が、廃墟マニアにはたまらないと話題になっています。埼玉県秩父市にある3つの廃墟を撮影したもので、とても高画質です。



 まずは、トロッコのレールが敷かれた廃鉱山から。現在、鉱業所の解体作業中で、今年の9月にはトロッコの線路を含めすべてなくなるそうです。


画像 トロッコでの移動中におそわれるのはホラーものの定番

 続いて、かつては人が住んでいた、自然に還りつつある住居。中に人がいたら、声を上げてしまいそうです。


画像 いつ倒壊してもおかしくなさそう

 廃村なので、学校もそのまま廃墟となっています。内部の映像はありませんが、外からの映像だけで恐怖を感じました。


画像 これは怖い

 そのほかにも、「地蔵のいない祠」「壁が崩れた倉」「鉱物運搬用レール」などなど、ホラー・廃墟好きにはたまらない映像が続きます。ゾクゾクするような魅力にあふれた、不思議な雰囲気です。


画像 うまく動かせばアイテムが手に入りそう

 この廃墟は「平安時代の豪族、平将門一族が隠れ住んだとされていた」とされているとのことで、歴史のある廃墟となっています。そういった背景を知っていると、より魅力的に見えてくるかもしれません。

(コンタケ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー