ニュース
» 2015年09月08日 17時58分 UPDATE

英国「ストーンヘンジ」近くで巨石群の証拠見つかる 約100個の石柱

「スーパーヘンジ」はおよそ4500年前に作られたと見られる。

[ねとらぼ]

 英国の有名な遺跡「ストーンヘンジ」の近くに、先史時代の巨石群が埋まっていることが分かったと英研究者が発表しました。

スーパーヘンジ スーパーヘンジ

 ストーンヘンジから3キロ弱の巨大な円形状の土塁「ダーリントン・ウォール」の下に巨石群が埋まっている証拠が、最新のセンサー技術によって見つかったとのこと。この「スーパーヘンジ」はおよそ4500年前に作られ、最大で100個の石が並んでいたとみられます。直径500メートルほどで、石の高さは最高で4.5メートル。これらの石が倒され、その上に土塁ができたと考えられます。

ダーリントン・ウォール ダーリントン・ウォール。黄色い点は石のある場所を示している
ストーンヘンジ 調査の様子

 新たに大規模な巨石群が発見されたことは、ストーンヘンジを理解する上で重要な意味を持つと研究者は述べています。

ストーンヘンジ ストーンヘンジ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー