ニュース
» 2015年09月09日 15時18分 UPDATE

台風18号 関東、帰宅の足に影響か

関東地方は、今夜にかけても局地的には傘が全く役に立たないような非常に激しい雨が降るでしょう。帰宅時間帯も交通機関への影響に注意を。あすにかけても大雨が続く恐れがあります。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
台風18号

台風18号 関東や東北で大雨

 台風18号は午後2時には日本海に抜けました。

 台風18号は日本海に進みましたが、影響はまだ続く見込みです。関東や東北の太平洋側を中心に湿った空気の流れ込みが続き、大雨が長引くでしょう。

帰宅の足に影響か

 午後2時半現在、関東地方は所々に活発な雨雲がかかっています。東京都心も昼過ぎまでの1時間に18.5ミリの土砂降りの雨となりました。

 関東地方は今夜にかけても活発な雨雲が次々と流れ込むでしょう。今日の帰宅時間帯も所々で非常に激しい雨が降る見込みです。非常に激しい雨とは滝のような雨で、傘が全く役に立たないような雨です。

 そのような雨が降るとアンダーパスなど低い道路を中心に冠水する可能性があります。車の運転は無理のないようにして下さい。大雨により、電車が遅れるなどの影響のでる可能性もありますので、交通情報にも注意が必要です。

大雨長引く

 明日も関東は暖かく湿った空気の流れ込みが続くため、大雨が続くでしょう。午前中にかけて所々で激しい雨が降る見込みです。明日は早めに起きて、雨の降り方や交通情報を確認した方が良さそうです。

 明日正午までの24時間に降る雨量は多い所では200ミリの予想です。午後も断続的に雨が降り、雨量がさらに多くなるでしょう。

 あすにかけても土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒が必要です。危険な斜面や増水した川には近づかないようにして下さい。また、大気の非常に不安定な状態が続きます。竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。発達した雨雲が近づく場合には、頑丈な建物の中に移動するようにして下さい。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー