新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月11日 13時36分 UPDATE

【注意】スーツケースなどに使われる「TSAロック」のマスターキー情報が流出 誰でも“合鍵”作成可能な状態に

3Dプリンタで合鍵を出力し、実際に解錠している映像も。

[ねとらぼ]

 スーツケースなどに使われている「TSAロック」。このマスターキー情報がWebに流出し、GitHubで3Dデータが公開されるなど大きな問題に発展しています。ネットでは実際に3Dプリンタでコピーを出力し、TSAロックを解錠している動画も。


画像 GitHubに掲載されたコピー鍵の画像(画像加工は編集部によるもの)

 空港などでの荷物検査をスムーズに行うため、TSAロックには、どんなカギも解錠できる「マスターキー」が存在します。ところが昨年、このマスターキーの画像がニュースサイトの記事にうっかり掲載されてしまうアクシデントが発生(記事はすでに削除済み)。その後、画像を解析した一部のユーザーが3Dデータを作成し、今回の公開に至ったようです。


画像 実際に3Dプリンタで出力しているツイート(画像加工は編集部によるもの)

画像 その後、実際に解錠している動画も投稿(画像加工は編集部によるもの)

 3Dデータがあれば当然、3Dプリンタなどで「合鍵」を作るのも容易。Twitterなどではすでに、実際にコピーを出力しTSAロックを解錠している動画も投稿されており、見た人からは「ヤバイだろ」「スーツケースどうするんだ」など懸念する声が多くあがっています。

 アメリカではテロなどを未然に防ぐため、空港では荷物検査の際、荷物に施錠を行わないよう求めています。その際、空港職員がマスターキーで中身を確認できるTSAロックならば施錠が認められていたのですが、この仕組みがかえって仇になってしまった形となりました。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー