新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月13日 23時30分 UPDATE

実写映画「DEATH NOTE」の続編、2016年公開予定 原作にのみ登場する「6冊ルール」を導入

「夜神月」「L」の意志を継ぐ新たな人物が登場します。監督は佐藤信介さん。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 2006年に公開された2部作映画「DEATH NOTE」「DEATH NOTE the Last name」の続編となる映画が、2016年公開予定であることが発表されました。仮題は「DEATH NOTE 2016」。


画像

 「DEATH NOTE 2016」の舞台は高度な情報化社会を実現した現代、2016年。「夜神月」「L」の意志を継ぐ新たな人物が登場します。監督は「GANTZ」「図書館戦争」で知られる佐藤信介さんで、頭脳戦だけでなく、アクションシーンも取り入れているとのこと。

 マンガ原作には存在するものの、今まで映画やドラマ、アニメ、舞台版には使用されなかった「6冊ルール」が登場します。これは「人間界に同時に存在できるデスノートは6冊まで。そのため、人間にノートを所有させることで人間界にいられる死神も6体まで」とする設定で、保持者の分からない新たな「デスノート」を巡るストーリーになっています。

 ドラマ版最終回で放送された予告映像には、上記の「6冊ルール」ほか、「ノートの封印」「真第二のキラ」「サイバーテロ」などの意味深なフレーズが登場。いったいどういう作品なのか、気になるところです。


DEATH NOTE


DEATH NOTE 「コンソメ味」も物語の鍵を握る要素なのか……?

(C) 2016「DEATH NOTE」 FILM PARTNERS


マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事