新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月13日 17時56分 UPDATE

写真に写っている野生動物は何? モザンビークの国立公園がネットユーザーに特定の手助け呼びかけ

ネットで野生動物の保護活動に協力できる。

[ねとらぼ]

 野生動物の保護活動に協力を――モザンビーク共和国のゴロンゴサ国立公園が、ネットユーザーに支援を呼びかけています。

野生動物 WildCam Gorongosa

 同園では、戦争のために大型の動物が減ったことを受け、野生動物の保護を進めてきました。それにより多くの動物の数が回復しており、その成果を記録する手助けを求めています。

 その方法は、園内50カ所以上に設置したカメラで撮影した写真を見て、そこに写っている動物を報告すること。写真は特設サイト「WildCam Gorongosa」で公開されています。カメラはモーションセンサー付きで、動物が前を通ると撮影するようになっているそう。これらの写真はどこにどんな動物が住んでいるのかを知る手がかりとなります。

 WildCam Gorongosaにアクセスして「Get Started!」をクリックすると、園内の写真が表示されます。そこに写っている動物の色や模様、種類などを選んで報告します。

野生動物 WildCam Gorongosaの写真。猿のような動物が見える
野生動物 分かりづらい写真も

 写真データが公開されたのは8月末。WildCam Gorongosaの全データをWebで公開したのは初だそうです。「毎年数十万枚の写真を撮影しています。みなさんの助けが必要です」と手助けを呼びかけています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー