ニュース
» 2015年09月14日 09時05分 UPDATE

「バクマン。」読み切りで復活! ジャンプ次号より前後編で掲載

サイコーとシュージンの2人が出会う「前」の物語が描かれます。

[ねとらぼ]

 実写映画「バクマン。」が10月3日より公開されるのを記念して、原作漫画「バクマン。」がふたたびジャンプに帰ってきます。本日(9月14日)発売の週刊少年ジャンプ42号に予告が掲載されています。


「バクマン。」2号連続で読み切り掲載決定 週刊少年ジャンプ42号

 前後編の読み切り形式で、次週発売の週刊少年ジャンプ43号(9月19日発売)より2号連続で掲載。内容は原作よりもさらに前、最高と秋人がまだ出会っていないころが舞台になるようです。


「バクマン。」2号連続で読み切り掲載決定 次号予告ページに「バクマン。」!

 「バクマン。」は小畑健・大場つぐみによる人気漫画。真城最高と高木秋人の2人が漫画家となって成長していく内容で、2010年にはアニメも放送され人気を集めました。10月3日からは、大根仁監督による実写映画「バクマン。」も公開される予定で、今号にも大根仁監督と小畑健さんによる対談が掲載されています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!