新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月14日 15時00分 UPDATE

ホラー映画「リング」「呪怨」の製作会社が破産 近年はヒット作に恵まれず

資金繰りが悪化し、2012年から事業停止状態に。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「リング」「らせん」「呪怨」などの人気ジャパニーズホラー映画を手掛けたオズが9月9日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けました。帝国データバンクによると、同社は2012年7月頃から事業停止状態に陥っていました。


画像 2015年6月20日公開の「呪怨 -ザ・ファイナル-」

 オズは1989年に設立された、映画プロデューサー・一瀬隆重氏が代表を務める映画製作会社。「らせん」「リング」(98年公開)、「呪怨」シリーズなどのジャパニーズホラー作品を手掛け、海外でも人気を博しました。また、アメリカでリメイクされた「ザ・リング」(02年)、「ザ・呪怨」(04年)の製作も。2004年9月期の年収入高は、約8億4900万円。

 しかし、その後はヒット作に恵まれず、資金繰りが悪化。2012年7月頃には法的整理の意向を示し、事業停止状態に陥っていました。負債額は現在、調査中。それ以降に発表された「呪怨」シリーズ「呪怨 −終わりの始まり−」(14年)、「呪怨 −ザ・ファイナル−」(15年)では一瀬隆重氏はプロデュースではなく、脚本を務めています。


画像 代表の一瀬隆重氏

マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事