ニュース
» 2015年09月15日 13時07分 UPDATE

どんな気持ちで文章を書いたのか解析してくれるサービス「筆者の気持ち考えるマン」登場

ネット上のレビューや口コミがどんな気持ちで書かれたか考えてくれます。

[たろちん,ねとらぼ]

 文章を入力すると、それがどんな気持ちで書かれたのか教えてくれるサービス「筆者の気持ち考えるマン」が登場しました。

画像 筆者の気持ち考えるマン

 「筆者の気持ち考えるマン」は、自然言語処理を使った文章解析サービス。「センチメント分析」という技術を使い、入力された文章が「ポジティブ」なものか「ネガティブ」なものかを判定できるというものです。ものすごく国語の授業で活躍しそうな名前ですが、それ以外にもネット上のレビューや口コミなどを入力して、商品やサービスについて分析するといった使い方ができます。

画像 ネット上の口コミなどを入力すると、筆者の気持ちを考えて「ポジティブ」「ネガティブ」に分類してくれます

 自然言語処理や人工知能を得意とするウサギィが、気軽に最先端技術に触れられるサービスとしてリリースしたもの。自然言語処理は、音声認識と組み合わせてオレオレ詐欺のような電話に警告を出すなど、さまざまな分野に応用できる技術だと紹介しています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー