新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月16日 12時05分 UPDATE

150タイトルのゲームをプレイ可能な形で展示! 日本科学未来館にて企画展「GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜」開催

「バーチャルリアリティ」や「人工知能」などを取り上げるオリジナルコンテンツも!

[高城歩,ねとらぼ]

 東京・お台場の日本科学未来館にて、企画展「GAME ON〜ゲームってなんでおもしろい?〜」が2016年3月2日から5月30日まで開催されます。


画像 日本科学未来館の企画展ページより

 「GAME ON」は2002年にイギリスで開催されて以来、世界23カ所を巡回している企画展。情報技術とともに進化をつづけ、世界中のエンターテイメントを変えたコンピュータゲームの歴史を一望し、その社会的・文化的意味、そして未来について考えます。

 本展では、1970年代に登場し大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」や「PONG」など、創成期から最新のゲームまで150タイトル以上が一堂に集められ、なんと実際にゲームをプレイできる形で展示されるそうです。これはかなり面白そう!!

 そして、「ゲームってなんでおもしろい?」をテーマとして、多くの人に「ハマる体験」をもたらした、物語、テクノロジー、開発手法、ゲーム体験を受け取る脳の仕組みなど、さまざまな角度から「ゲームがおもしろい理由」に迫ります。さらに、東京展のオリジナルコンテンツとして、「ゲームは現実へ」をサブテーマに「バーチャルリアリティ」「人工知能」「ゲーミフィケーション」などを取り上げるとのこと。

 場所は日本科学未来館1階の企画展示ゾーン。期間中は10時〜17時まで開催。入場料は大人1500円、小学生〜18歳以下は750円を予定しています。


画像 日本科学未来館公式サイト

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事