新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月16日 12時59分 UPDATE

東方見文録、アイドル八犬伝、ワイルドガンズ…… ナツメアタリが過去に開発したゲームタイトルのアプリ化リクエストキャンペーン開催

投票者にはナツメ特製グッズを抽選でプレゼント。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 カルト的人気のレトロゲーム「東方見文録」や元祖アイドルゲーム「アイドル八犬伝」、名作シューティング「ワイルドガンズ」などのゲームソフトを開発したナツメアタリ(2013年にナツメとアタリが統合)が、累計ゲーム開発タイトル数250本を突破。それを記念して、過去に開発したゲームタイトルのスマホアプリ化リクエスト投票を実施する「250タイトルへの道」キャンペーンを開催しています。


画像 「250タイトルへの道」キャンペーン

 公式サイトでは、ナツメが開発したゲームタイトルを紹介。さらに、厳選された10タイトルの人気投票を募集しています。投票数上位のタイトルはスマホアプリとして開発され、リリースされるということです。

 投票対象タイトルは、「東方見文録」(1988)、「アイドル八犬伝」(1989)、「アバドッグス」(1989)、「ファイナルミッション」(1990)、「ドラゴンファイター」(1990)、「闇の仕事人 KAGE」(1990)、「ラッキーモンキー」(1991)、「カオスワールド」(1991)、「シャッターハンド」(1991)、「ワイルドガンズ」(1994)。


画像 ナツメゲーム開発史<黎明編>(「250タイトルへの道」キャンペーンページより)

画像 特製グッズをプレゼント(「250タイトルへの道」キャンペーンページより)

 投票者の中から抽選で、本キャンペーンを記念して制作されたサントラCDやナツメTシャツをプレゼント。また、投票したゲームタイトルをTwitterでつぶやいた人には、特製オリジナルメラミンカップが抽選でプレゼントされます。応募期間は11月30日まで。


笹原新之介


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事