新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月18日 13時20分 UPDATE

オラ、ワクワクしてきたぞ! NFCチップを搭載した「ICカードダス ドラゴンボール」第1弾が登場 チップをスキャンしてネットで対戦!

通常のトレーディングカードゲームとしても遊べる。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 世界で初めてNFCチップを搭載したトレーディングカードゲーム「ICカードダス ドラゴンボール」第1弾が、9月19日にバンダイから発売される。

ICカードダス ドラゴンボール ICカードダス ドラゴンボール

 通常のトレーディングカードゲームとして遊べるだけでなく、専用の無料アプリをダウンロードし、カードに搭載されたICチップをスキャンすることで、PCやスマホ、タブレットなどでも対戦が可能。Android版アプリは9月17日に配信開始しており、iOS版、Windows版も順次配信する予定。


「ICカードダス ドラゴンボール」アプリ対戦画面 アプリ対戦画面

 アプリでは、ゲームのルールを学べるチュートリアルのほか、あらかじめ登録されているレンタルデッキを使ってのフリープレイ、さらにはアプリをインストールしているプレイヤー同士の対戦も可能。なお、スキャンには「おサイフケータイ機能」などNFC通信機能搭載の端末、または10月上旬発売予定のスターターパックに同梱される「ICカードリーダー」に接続したPCが必要。一部店舗では、iOSスキャン用ICカードリーダーが設置される。


ICカードダス ドラゴンボール

 9月19日発売の「ICカードダス ドラゴンボール」第1弾ブースターパックはカードが5枚入って200円、9月下旬発売予定の「ICカードダス ドラゴンボール」第1弾自販機ブースターはカード5枚で200円、10月上旬発売予定の「ICカードダス ドラゴンボール」第1弾スターターセットは1500円、「ICカードダス ドラゴンボール」第1弾スターターセット(ICカードリーダー同梱版)は3000円となっている。価格はいずれも税別。カードは全74種で、自販機とブースターパックにはそれぞれ限定カードが2枚ずつ存在する。


rmfig922-4.jpgrmfig922-5.jpg デッキに1枚だけ入れられる「リーダーカード」は、裏返して「覚醒」することでパワーアップする

 一部店舗では体験会を実施しているほか、10月1日から10月31日にかけて公認店で大会の開催が決定している。大会参加者には記念品として「破壊神のいたずら ビルス」(リーダーカード)をプレゼント。実施店舗は9月18日に公式サイトで公開される予定。

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 

(宮澤諒)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事