ニュース
» 2015年09月19日 11時00分 UPDATE

「どのレベルで作るの?」 半年かけて材料からサンドイッチを作りあげた海外版TOKIOあらわる

まず畑を耕します。

[高城歩,ねとらぼ]

 おいしいサンドイッチを作るため、半年かけて材料からサンドイッチを作り上げた海外版TOKIOがあらわれました。

 動画はキュウリやトマト、たまねぎなどの野菜を育てるところからスタート。この人、本当に材料から作る気だ……! なんとその後は海へ行って海水を汲み、そこから鍋で塩を生成したり、チーズを作るために牛の乳しぼりに出かけたり、養蜂場ではちみつを採取し、小麦を収穫して製粉まで行いました。そして、やっぱりチキンも欲しいよね! ということで、生きたニワトリを殺して自らさばくというなかなかに辛い工程もこなします。もちろんチーズやパンもお手製。「どのレベルで作るの?」というTOKIOの名言がふさわしい仕事ぶりです。


どのレベルで作るの? このレベルから

塩 塩を作るために飛行機と船で海まで行くぞ

牛乳 牛乳は絶対に必要だもんな

小麦 小麦を収穫

サンドイッチ ついに完成……!

 サンドイッチを完成させるためにかかった費用はおよそ1500ドル(約18万円)。でき上がったサンドイッチに思いきりかぶりつく男性の姿がなんだかまぶしく感じられます。

 投稿者は「シンプルな製品の複雑な製造工程を理解する」というYouTuber「How To Make Everything」。海外版「ザ!鉄腕!DASH!!」っぽい番組ですね。


画像 うまそおおおおお

 スーパーやコンビニに行けば簡単に“完成品”は手に入るけれども、それでは決して味わえないものがある。豊かな自然の恵みに心から感謝したくなる壮大なプロジェクトでした。

高城歩

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー