新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月21日 11時00分 UPDATE

小さなシェフが料理を作っておもてなし テーブルの上が劇場になるプロジェクションマッピングがステキで楽しい

ブロッコリーをチェーンソーで切っちゃいます。

[たろちん,ねとらぼ]

 ちょっと手持ちぶさたなレストランでの待ち時間を、テーブルの上に投影したプロジェクションマッピングで楽しませるユニークな映像が公開されています。

 注文を終えてお客さんが料理を待っていると、テーブルの上にぴょこんと小さなシェフが飛び出してきます。お皿の上をちょこちょこと歩きながら燃料タンクで液体を注ぎ、上に乗ったお肉を焼き始めるシェフ。まるで大木を切るようにチェーンソーでブロッコリーを切り落とし、自分の体ほどもあるにんじんを引き抜いて付け合わせの野菜を投入、料理の邪魔をするハエはフォークで必死に追い払おうとするなど、実にコミカルな動きでお客さんを楽しませてくれます。

画像 「いらっしゃいませ」とシェフが登場

画像 よく見るとお皿やフォークも立体映像です

画像 燃料タンクから液体を注ぎマッチで火をつける豪快な調理

画像 ブロッコリーはチェーンソーで切り落としちゃう

画像 邪魔なハエとはフォークで格闘

 お皿やフォークなどはお客さんも思わず「これ映像だったの?」と驚いてしまうほどリアルな映像で、本当に小さなシェフがそこに存在するかのよう。料理を終えたシェフが退場したところで、すかさず本物の料理が運ばれてくるというユニークな演出になっています。

画像 映像の料理が完成したところで本物の料理が登場

 この映像はドイツのアーティスト集団「Skullmapping」が作ったもの。プロジェクションマッピングの特性とレストランというテーマを上手く利用した、完成度の高い作品になっています。こんなレストランが本当にあったら大人気になりそうですね。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事