新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月24日 10時13分 UPDATE

133回の実験でSTAP細胞再現できず 海外の研究グループ発表

米ハーバード大学などの研究グループが、133回の再現実験でSTAP細胞を作れなかったと報告した。

[ねとらぼ]

 米ハーバード大学などの研究グループが、STAP細胞を再現できなかったとNatureで報告した。

 133回の再現実験を行ったが、STAP細胞を作ることはできなかった。研究グループの1つには、STAP論文著者の1人チャールズ・バカンティ教授が参加していた。実験では、万能性に関連する遺伝子が発現した際に細胞が緑に光るように施し、実際に細胞は光ったが、さらなる実験で細胞が自然に光を発する自己蛍光という現象だと示された。

STAP細胞 Natureに掲載の「Failure to replicate the STAP cell phenomenon」より

 理研も、STAP細胞はES細胞が混入したものとする結果を同誌で発表している。

 STAP論文は2014年1月に当時理研の研究者だった小保方晴子氏らがNatureに発表。7月に重大な誤りが見つかったとして撤回された。

STAP細胞

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事