ニュース
» 2015年09月24日 18時09分 UPDATE

ジャポニカ学習帳が「日本の伝統文化シリーズ」を発売 自然以外のテーマを採用するのは37年ぶり

第1弾のテーマは「歌舞伎」。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 花や蝶などの表紙でおなじみのジャポニカ学習帳が、新たに「日本の伝統文化シリーズ」をスタートし、歌舞伎をテーマにした第1弾を発売します。自然物以外のテーマを採用するのは37年ぶり。

ジャポニカ学習帳 日本の伝統文化シリーズ(B5・5mm方眼)

 ジャポニカ学習帳は1978年から「世界特写シリーズ」をスタート。熱帯アジア編やオーストラリア編、現在のアフリカ編など、世界中の自然物をテーマに採用してきました。

 「日本の伝統文化シリーズ」の第1弾では、最初・中とじ・最後の3カ所に「歌舞伎ってそもそもどんなもの?」「歌舞伎の代表的な演目」といった学習ページを挿入。歌舞伎座・劇場などを運営する松竹が監修しています。2008年に改訂された小学校の新学習指導要領で、教育の目標に「伝統と文化の尊重」が追加されたことに対応し、日本文化への好奇心を持つきっかけ作りをサポートする狙いがあるとしています。

ジャポニカ学習帳 日本の伝統文化シリーズ(A6・白無地)

ジャポニカ学習帳 日本の伝統文化シリーズ(A6・白無地)

ジャポニカ学習帳 歌舞伎の様式

ジャポニカ学習帳 歌舞伎ってそもそもどんなもの?

 12月中旬発売で、価格はB5・5ミリ方眼(1種類)が300円(税別)、A6・白無地(2種類)が200円(税別)です。


笹原新之介


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー