新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年09月27日 11時00分 UPDATE

アメリカの大地がキャンバスだ! ゴッホの名画「黄色い空と輝く太陽のオリーブ林」を畑で再現したアートが圧巻

約4エーカー(およそ4900坪)にドーン!

[高城歩,ねとらぼ]

 米・ミネソタ州にてフィンセント・ファン・ゴッホの名画「黄色い空と輝く太陽のオリーブ林」を畑に再現したアートが登場しました。


画像 ミネアポリス美術館の特設ページより

 これはミネアポリス美術館が、園芸を用いたアートを得意とする芸術家、スタン・ハードさんに委託して制作された作品。なんと約4エーカー(およそ4900坪)もの広大な土地を使っています。今年の春から畑を耕し、種を蒔き、作物をいちから育てるなどしてようやく完成しました。色彩のコントラストがとても見事! 大地をキャンバスにするだなんて壮大です。


画像 なんだか「種まく人」みたいだ!

画像 この段階ではまだ色彩が少ない

画像 うおおおお!!

 日本では昨今「田んぼアート」などが盛んですが、海外でもこのようなムーブメントがあるんですね。

 ちなみにこの作品はミネアポリス・セントポール国際空港への発着便から見ることができるそうですよ。近くを通る機会がある方は、ぜひ上空から写真におさめてみてはいかがでしょうか。


高城歩


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事