新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月02日 00時04分 UPDATE

骨折で入院中の声優・原田ひとみさんの作ったゲームがカオスでかつ感動作だと話題に

パロディ満載のおバカゲーかと思いきや……

[たまごまご,ねとらぼ]

 現在骨折で入院している声優の原田ひとみさん入院中に作ったゲームが完結し、公開されました。これが大変カオスでありつつも、マルチエンディングで感動させるシーン満載の作品に仕上がっています。


画像 途中まで作っていたゲームを、病室で完成させたそうです

 タイトルは「はじめてのノベルゲーム」。使用しているのは「Script少女のべるちゃん」というツールです。用意されている素材を使って、オリジナルノベルゲームをスマホなどで作れるというもの。

 原田ひとみさんは、9月4日に自身のブログ「そらいろのタクト」で、尾てい骨の骨折で入院していることを明らかにしました。10月1日現在も、Twitterでは入院していることを公言しています。

 そんな中、作りかけだったノベルゲームの続きの作成に着手。9月28日に完成版が公開されました。



 ある日、ひとしの元に、シスターの「マリアンヌ?」がやってきて、異世界で冒険をする、といったファンタジーノベルゲーム、のはずでした。ところが出てくるキャラクターや設定が混沌としており、マンガやゲームやネットスラングのパロディ満載、ギリギリのネタ満載で、テンポよくボケと突っ込みが楽しめるゲームに仕上がっています。


画像 最初の選択肢がこれです

画像 マリアンヌ?さん(左の斜めの女性)は終始、シモネタと際どいネタを連発してきます

画像 それはぼくも本当に思う

画像 これ絶対誰か死ぬやつだ(元ネタは「かまいたちの夜」)

画像 自虐ネタまで。本当にお大事にしてください

 途中まではギャグ満載のストーリーになっています。ところが後半一気にシリアスに話が展開。冗談かと思っていた伏線がどんどん回収され、本格的に。マルチエンディングで、それぞれ凝ったストーリーになっています。特に一部のバッドエンドは、捻った演出が入っています。


画像 突然物語がシリアスに。ここから怒涛の展開になっています

 Twitterなどで話題になっているこのゲーム。原田ひとみさんはツール制作会社とは一切関係ない一般ユーザーで、「Script少女のべるちゃん」側は「うちの運営は人気声優さんと契約するようなパワーはありません」と述べています。



 原田ひとみさんのTwitterによると、もうすぐ退院はできそうなものの、まだまだ動けなく、今は熱が高いとのこと。またすでに、第二弾の百合ゲームも制作中だそうです。



 原田さんの作る百合ゲーはとても楽しみです。それよりもまずは、一日も早い回復と復帰を願うばかりです。



たまごまご


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー