新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月04日 16時45分 UPDATE

今夜は「きぼう」を見るチャンス!

18時30分ころ日本の上空をISSが通過します。どの方角を見ればいいの?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
きぼう きょう18時半ごろ、日本の上空を国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」が通過します。東北から九州の広い範囲で、肉眼で見られるチャンス。気になるお天気はどうなるでしょうか?

時刻は午後6時半ごろ 見える方角は?

 国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400キロメートル上空に建設された実験施設(「きぼう」はその中の日本実験棟の名前です)。大きさはサッカー場くらいで、太陽電池パドルが取り付けられているためとても明るく、条件が揃えば地上から肉眼で見ることができます。

 きょう10月4日は、日本の広い範囲で「きぼう」を見られるチャンス(「きぼう」が見られると予想される経路は下の図を参照)。

 JAXA・宇宙航空研究開発機構によると、時刻は午後6時半ごろ。東北から九州の広い範囲で最大仰角(仰角とは、地平線からの角度)が45度以上になるため、見やすいということです。北海道は最大仰角が低く、少し見つけづらいかもしれません。また、沖縄では今回は見ることが難しいでしょう。

 見られる方角は、地域によって異なります。おもな地点で見られる方角をまとめました。

  • 福岡 18時30分ごろ 南東
  • 大阪 18時31分ごろ 南南東
  • 名古屋 18時32分ごろ ほぼ真上
  • 東京 18時32分ごろ 北北西
  • 仙台 18時33分ごろ 南
きぼう きぼうが見られると予想される経路
(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

見つけるときのポイントは?

 明るい光がスーッと移動していくイメージで見えます。光が点滅したり、赤や青色の場合は飛行機ですので、お間違いなく。

 金星や木星などの星よりも明るく見えますので、晴れていさえすれば、街中でも楽しむことができます。

気になるお天気は?

 比較的スッキリと見られるのは、九州や四国・中国。近畿や東海は、多少雲が広がりますが、おおむね晴れる見込みです。東北や北陸も雲が多いものの、見られるチャンスはあるでしょう。

 一方、関東は夕方から雲が広がりやすく、南部では所々でにわか雨の可能性も。今回は難しいかもしれないですが、「きぼう」を持って空を見上げてみましょう。

 各地とも、日が暮れるとヒンヤリしますので、観察の際は羽織るものを持ってお出かけくださいね。

関連リンク

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事