新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月05日 14時40分 UPDATE

仏の顔にもプライバシー? Googleストリートビューで牛久大仏にぼかしが入っててご尊顔が拝めない

顔認識機能としてはある意味、正しい反応……?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 茨城県牛久市にある全高120メートルの牛久大仏。もちろん人間ではなく青銅でできた像なのですが、Googleストリートビュー上でその顔にプライバシー保護のためのぼかしが入れられています。


画像 大仏のプライバシーを保護するGoogleストリートビュー

画像 しかし、ちょっと動くだけでぼかしがなくなります

 Googleストリートビューには人間の顔を自動で認識してぼかしを入れる機能があり、牛久大仏の顔にも同様の処理をしてしまっているようです。昨日4日、この事実がTwitter上に投稿され話題になっていますが、ぼかしがある場所はごく一部で、少し横に動いただけでなくなります。

 同様の現象は少なくとも2013年から起こっており、異なるアングルでぼかしが入るケースも。どういう基準で顔を認識してるんだろう……。






マッハ・キショ松


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事