ニュース
» 2015年10月06日 13時00分 UPDATE

作家・町田康さんの現代語訳「こぶとりじいさん」がポップと話題に 「やっぱ、瘤、いこうよ、瘤」

あの「こぶとりじいさん」がマジでヤバいことに!

[西尾泰三,ねとらぼ]

「ポップでフリーな即興の歌詞を歌いながら、珍妙な踊りを踊った」

「ここまで言うんだからマジじゃね? やっぱ、瘤、いこうよ、瘤」

「もう、いいよ。見てらんない。なんか、小便臭いし」

「奇怪な鬼に瘤を除去される」が無料公開 無料公開された「奇怪な鬼に瘤を除去される」

 作家・町田康さんが現代語訳した「宇治拾遺物語」の一遍「奇怪な鬼に瘤を除去される」が9月29日にWebで無料公開され、話題を呼んでいます。

 河出書房新社創業130周年記念企画として2014年11月から刊行を始めた「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」シリーズ。町田さんは9月に発売された「日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集」で宇治拾遺物語の現代語訳を手掛けています。

 無料公開された「奇怪な鬼に瘤を除去される」は、いわゆる「こぶとりじいさん」のお話。町田さんのセンスにより登場するお爺さんや鬼たちの思考や行動が現代的な感覚で表現され、約800年前の物語とは思えないほどみずみずしいものとなっています。

 町田さんはその発想と表現の自由さで、これまで芥川賞(きれぎれ)、萩原朔太郎賞(土間の四十八滝)、川端康成文学賞(権現の踊り子)、谷崎潤一郎賞(告白)、野間文芸賞(宿屋めぐり)などを受賞しています

 町田さんは新訳にあたり、以下のようなコメントを寄せています。

翻訳しているといまはどうしたって見たり聞いたりすることのできない昔の人の声や顔が見えたり聞こえたりするようで楽しくてなりません。現代の日本語が過去に広がっていくような感覚もあります。この感じを届けたいと思います。
(河出書房新社 池澤夏樹個人編集 日本文学全集 特設サイトより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー