新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月06日 15時03分 UPDATE

小さなヒューマノイドロボット型の携帯電話 シャープが「RoBoHoN」発表

シャープがポケットに入るロボット型電話「RoBoHoN」を発表。音声通話、メールなど携帯電話の基本的な機能を搭載しています。

[ねとらぼ]

 シャープは10月6日、小さなロボットの形をした電話「RoBoHoN」を開発し、2016年前半に発売すると発表しました。

RoBoHoN RoBoHoN

 二足歩行が可能なヒューマノイドロボットで、高さ約19.5センチ、重さ約390グラムとポケットやカバンに入るサイズ。背面に2インチ液晶タッチパネルを搭載し、モバイル通信(LTE、3G)に対応。音声通話、メール、カメラなど携帯電話の基本機能を搭載するほか、小型プロジェクターで写真や映像、地図などを壁や机などに投影することもできます。歩いたり踊ったりすることも可能。RoBoHoNに話しかけることで操作できます。

RoBoHoN 背中にタッチパネル

 シャープは10月7日から開催のCEATEC JAPAN(千葉、幕張メッセ)でRoBoHoNを展示します。

RoBoHoN

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー