ニュース
» 2015年10月07日 13時05分 UPDATE

世界最速の芸術鑑賞を 上越新幹線で「現美新幹線」来年春運行予定、車体イメージ発表

車体デザインは蜷川実花さん。

[ねとらぼ]

 JR東日本は「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」を2016年春ころ上越新幹線(越後湯沢〜新潟間)で運転する予定だと発表した。

現美新幹線

 「新しい東日本エリアを発見・体験」を目的に、日常から解放される旅行を提供することで、地域の活性化及び観光流動の拡大に取り組むプロジェクトの一環。

 現美新幹線のエクステリアデザインは、蜷川実花によるもので車体全体に夏の夜空を彩る長岡の花火を描き出している。

 インテリアは車両ごとに異なるアーティストがこの場所のために制作した現代アートで形作られる予定。松本尚(絵画)、小牟田悠介(平面)、古武家賢太郎(絵画)、paramodel(絵画・彫刻)、石川直樹(写真)、荒神明香(立体)、ブライアン・アルフレッド(映像)らが担当する。

現美新幹線 シンボルマークは「現美」の漢字をモチーフとし、新幹線が水平に移動する速さを表現

 列車のシンボルマークや、魚沼産コシヒカリの米粉や佐渡バターを使用したスイーツ、燕市のこだわりのコーヒー(13号車に設置するカフェで提供予定)などについても、各ジャンルのスペシャリストに協力を仰ぐという。

  • シンボルマークデザイン:鈴木直之(ダイアグラム)
  • スイーツ監修:いがらしろみ(菓子研究家)
  • スイーツ製造:十日町すこやかファクトリー(日本レストランエンタプライズ)
  • コーヒー監修:田中辰幸(ツバメコーヒー)
  • アートキュレーション:SCAI THE BATHHOUSEおよびTRUE Inc.
  • 車両インテリアプランニング:ジェイアール東日本建築設計事務所
  • 総合プロデュース:中村貞裕&岡田光(TRANSIT GENERAL OFFICE INC.)
現美新幹線

現美新幹線 13号車カフェイメージ

 現美新幹線の対象車両はE3系(新幹線用車両)の改造となり、座席は6両編成105人、土休日を中心に年間120日程度の運転を予定している。

※敬称略


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー