新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月07日 14時45分 UPDATE

自動運転の無人タクシーが過疎地の老人を救う? 日本の「ロボットタクシー」のコンセプトムービーが海外で話題

電車やバスが廃止された地域で働く「タクシードライバー」のお話。

[たろちん,ねとらぼ]

 過疎化が進む集落で働く、ある「タクシードライバー」を描いた動画が海外で話題になっています。

 舞台となるのは2020年の近未来。バスや電車が廃止され、多くの町で移動手段がなくなって過疎化が進む中、そうした人々の暮らしを支えているタクシードライバーの視点で物語が進みます。町を走りながら生き生きと暮らす人々を見てタクシードライバーは「この町が好きだ」と感じており、町の人々もタクシーに向かって笑顔で手を振っています。

ロボットタクシー 2020年、過疎化が進んだ集落で働くあるタクシードライバーの物語

ロボットタクシー 住民とタクシードライバーの関係はとても良好

 この日タクシーが向かったのは1組の老人宅。手をつないでタクシーに乗り込み、移動中は笑顔で会話をする老夫婦。ところがタクシーは走っているのに運転席には誰も座っていません。……実はこのタクシー、無人の自動運転で走る「ロボットタクシー」なのでした。

ロボットタクシー 老夫婦のもとにタクシーが到着

ロボットタクシー 移動中、談笑しながらくつろぐ2人

ロボットタクシー ところが運転席は空っぽ

ロボットタクシー この町の人々の暮らしを支えているのは自動運転で走るロボットタクシーでした

 この動画は、2020年の東京五輪で自動運転タクシーサービスの実現を目指しているロボットタクシー社のコンセプトムービー。日本では公共交通機関が利用できない地域に730万人が住んでいるといったデータに対し、無人タクシーがそうした社会問題を解決できるという方向性を示しています。動画は海外メディアでも多数取り上げられ、本当に必要としている人のためにテクノロジーを使う、というコンセプトが高く評価されています。

たろちん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事