新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月07日 16時30分 UPDATE

人生における9000時間が開放されるぞ! 全自動洗濯物折り畳み機「laundroid(ランドロイド)」の共同開発スタート

洗濯物を自動で折りたたみ、仕分けまでしてくれる。

[高城歩,ねとらぼ]

 seven dreamers laboratories(セブンドリーマーズ)、パナソニック、大和ハウス工業の3社が共同し、世界初の全自動洗濯物折り畳み機「laundroid-ランドロイド-」の開発をスタートさせました。


画像 3社共同プロジェクト

 「ランドロイド」は柔軟物(衣類)が何であるかを認識する「画像解析技術」と、認識した物体を折りたたむメカニズム「ロボティクス技術」という2つの要素技術を中心に開発。セブンドリーマーズが世界に先駆けて開発した洗濯物を自動で折り畳む技術、パナソニックの洗濯乾燥機の技術および家電製品開発力、大和ハウス工業の展開する住宅事業と医療・介護施設事業の実績の融合により実現を目指します。

 一般的な家庭で、一生のうち洗濯作業に費やす時間は約1万8000時間と言われているそうです。そのうちの約50%である約9000時間が洗濯物を畳み・分配し・運んでいる時間に該当。各家庭一人が担当したとすると、人生において約375日をこれらの作業に費やしている事になるのだとか。つまり、ランドロイドによって、人生における9000時間が開放されるというわけです。す……すごい……! 


画像 セブンドリーマーズの「laundroid -ランドロイド‐」公式ページ

 全貌は明らかになっていませんが、2016年度中のβ版先行予約販売を目指して開発に取り組んでいるそうです。人類のライフスタイルに変革をもたらすかもしれません。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー