ニュース
» 2015年10月11日 17時16分 UPDATE

自然の作り上げた珠玉のキモかわいさ! 「海の宝石 ウミウシ展」リニューアルオープン

国内最大級の規模を誇るウミウシ展示。好評すぎて開催延長。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 天保山マーケットプレース内「海遊館サテライトギャラリー minimini水族館」(大阪府大阪市)で開催中の「海の宝石 ウミウシ展」が、10月9日からリニューアルオープンしました。開催期間も2016年4月10日まで延長されています。

ウミウシ 「アオウミウシ」。鮮やかできれい!

 「ウミウシ展」では大阪湾などに生息するウミウシの仲間を集め、ウミウシ特化としては国内最大級の規模の展示を行っています。リニューアルで新たに水槽が増え、展示種数も約10種50点から約20種100点へと倍増しました。

ur151009_usi02.jpgウミウシ 光合成できるすごいやつ「コノハミドリガイ」(左)。雪うさぎみたいでかわいい!「シラヒメウミウシ」(右)

 今後も新たに、シラヒメウミウシ、アオウミウシ、ミヤコウミウシ、アカエラミノウミウシ、キカモヨウウミウシ、コノハミドリガイ、ムカデメリベの登場が予定されています。

ur151009_usi04.jpgウミウシ シャープで強そうな「アカエラミノウミウシ」(左)、よく見ると青の飾りがついてる「ミヤコウミウシ」(右)

ur151009_usi06.jpgウミウシ 不思議な体の変り種、「ムカデメリベ」(左)。右は「キカモヨウウミウシ」という……キモカワ系の? 慣れてる人向けのやつ? とにかくそろい踏みです!

 種類を入れ替えながらの展示となるため、予定されているすべてのウミウシを必ず見られるわけではありませんが、何度行っても新たな発見がありそうです。観覧は無料。


(ウグイラン)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう