新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月12日 20時00分 UPDATE

藩に帰るまでが参勤交代です 「超高速!参勤交代 リターンズ」来年公開、主演の佐々木蔵之介さん京都国際観光大使に

さらに超高速になって交代する!

[ねとらぼ]

 「参勤」したら「交代」するのが参勤交代! 佐々木蔵之介が主演する映画「超高速!参勤交代」が“リターンズ”として超高速で帰ってきた。

 弱小の湯長谷藩が金も時間も人手もない中、藩主の内藤政醇を筆頭に精鋭6人で“とんでもない”知恵を使って見事、「参勤」を実現し、藩の取り潰しの危機を免れたのが前作。行きの「参勤」でお金も体力も使い果たした政醇たちだったが、帰りの「交代」までが「参勤交代」だった……。最後の力を振り絞り「交代」をはじめた一行を再び数々の無理難題が降りかかる。

超高速!参勤交代

 現在、京都で撮影中。そんな中、佐々木蔵之介さんが京都がロケ地となる作品に多数出演しているだけでなく、出演作が海外の国際映画祭でも上映されている京都市出身の俳優として京都国際観光大使に任命された。

 「このたびは国際観光大使に任命いただき、本当に光栄に思っております。私は京都に生まれ京都に育ちました。鴨川で遊び、御所に蝉取りに行ったり野球しに行ったり。夏は祇園祭に行って宵山の夜店で遊び、そして大文字の五山の送り火を見て『やばい、夏休み終わる!』みたいな(笑)。『宿題どうするねん!』みたいな感じで育ってきました。京都の町、文化、食、そして人に育てていただきました。町中で時代劇が撮影できる、すぐにロケが出来る。こんな所は世界でもそうそう無いんじゃないか、と思っており、改めて京都の魅力を今、実感しています」とコメント。

超高速!参勤交代超高速!参勤交代

 「今回は金どころか、城までなくなる。それに前回の倍は走る。撮影は前より過酷。衣装の鉢巻き、たすきはドロドロです」と映画の見どころについてもアピールした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー