新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月13日 23時45分 UPDATE

実物が存在しない? Kickstarterで約5億円集めた未来型カミソリのプロジェクト、突然凍結される

現在はIndiegogoで出資を募っています。

[ねとらぼ]

 世界初のミニレーザーを搭載した刃のないカミソリとして、kickstarterで400万ドル(約4億7800万円)以上を集めていたプロジェクト「The Skarp Laser Razor」が10月13日、運営によって凍結されました。

画像 プロジェクト凍結

 「The Skarp Laser Razor」は、刃の代わりに搭載された低出力レーザーで毛を剃るというもの。発起人は、30年にわたって医療・化粧品レーザー業界で働いてきた人物で、そこで培った技術を応用して、カミソリのヘッドが毛だけを認識してカットできると説明していました。単4電池で約1カ月稼働し、レーザー寿命は5万時間という性能もあって、1本159ドル(約1万9000円)から出資を受け付けると、目標額16万ドルに48時間で到達。勢いそのまま400万ドルも突破したのですが、締切(19日)まで約1週間と迫った本日、急きょ中止に。


画像 The Skarp Laser Razor
画像 ブラックとシルバーの2色展開(予定)

画像 チップを搭載
画像 剃るイメージ


 その理由については「プロトタイプを必要とする我々の規約に違反していた」と運営から支援者にメールが届いているそうです。同カミソリには掲示板「Reddit」に詐欺だとする指摘も寄せられていました。



 一方、プロジェクトメンバーらはFacebookで「心配しないでください」とコメント。現時点では具体的な説明がないまま、別のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で新たに出資を募っています


画像 INDIEGOGOのページ ……大丈夫?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー