新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月14日 21時57分 UPDATE

京急の車掌がホーム置き去りに ダッシュで次の駅で追いつく 京急「駅間が短いので走ることに」

ネットでは「鉄腕DASHの企画みたい」などの声も。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 10月14日0時14分ごろ京急電鉄の北品川駅で、普通電車が車掌(21歳/男性)をホームに残して発車するトラブルが発生しました。車掌は次の新馬場駅まで約700メートルを走って待機中の電車に追いつき、5分遅れで運転は再開。京急電鉄は「大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申しあげます」と謝罪しています。

京急電鉄 京急電鉄のお詫び文

 京急電鉄広報部によると経緯は次の通り。北品川駅で車掌は、下り京急川崎行・6両編成の最後尾から半身を乗り出し、安全確認を終えて発車の合図のブザーを鳴らしました。直後にワイヤレスマイクをホームへ落とし、とっさに拾おうと電車から降りてしまいます。ブザーを聞いた先頭車両の運転手は車掌がホームにいるとは思わず、そのまま電車を出発させました。

 新馬場駅に停車したものの、車掌が開けるはずのドアが開きません。運転手はドアを開けてから最後尾まで見に行くと、車掌の不在が発覚。司令部からの連絡で車掌が前駅で取り残されたことを確認します。

 万が一このような事態が起こった際は、ほかの車掌に代行してもらうのが通常とのこと。しかし両駅間が約700メートルと比較的短いため、車掌本人が走って電車まで移動し、到着まで列車は待機するとの指示を司令部から受けます。車掌は沿線沿いの国道15号を駆け、駅に到着。約500人を乗せた電車は約5分遅れで出発しました。

京急電鉄 Googleマップ上の北品川駅と新馬場駅。徒歩9分と表示されます

 京急電鉄は本件について、「今回はこのようなトラブルを起こし、ご利用のお客さまに大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。乗務員の基本動作を再徹底し、今後同じことが起こらぬよう再発防止に努めます」と謝罪しています。

 置き去りになった車掌が次の駅まで走ったという一件はネットでも話題になっており、「虚構新聞のネタかと思った」「笑いごとじゃないけど笑ってしまった」と非日常的な経緯に驚きの声も。「鉄腕DASHかな?」「昔の鉄腕DASHでやってた電車とTOKIOメンバー5人がリレーで競争する対決企画を思い出した」と、日本テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画を思い出す人も相次いでいます。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー