新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年10月16日 11時13分 UPDATE

エイベックスがJASRACから音楽の著作権管理を自社へ移行する手続きを開始

演奏権はJASRACに残るとのこと。

[コンタケ,ねとらぼ]

 エイベックスが、音楽の著作権管理をJASRACから100%子会社であるエイベックス・ミュージック・パブリッシング(AMP)を通じて自社へ移行する手続きを開始しました。エイベックスは、9月に著作権管理会社の「イーライセンス」と「ジャパン・ライツ・クリアランス」の筆頭株主となった(関連記事)ところであり、自社で音楽の著作権管理をするための準備を進めています。


avex avex

 今まで音楽の著作権管理シェアはJASRACが圧倒的でしたが、音楽最大手であるエイベックスが自社での管理に移行することで、今後はJASRACの一強とはいかなくなっていくかもしれません。ただし、現在のところ「演奏権」はイーライセンスなどで管理できないため、JASRACに権利がそのまま残るとのこと。

 この件についてエイベックスに問い合わせてみたところ、「JASRACとは争うのではなく、お互いに支え合うような形にしていく」とのことでした。


jasrac JASRAC

(コンタケ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー